Posts By arcadia

渋川での練習 11月11日

参加メンバーは9人、4台の車椅子を使いました。11月の予定曲を練習しているところに草津市の新堂中学から2年生2人が課外活動として我々の練習を見学に来ました。歓迎の意味で早速踊りの輪に入ってもらい、2人の女学生にふさわしい曲、「ありがとうの花」「友達賛歌」と「ダンシングヒーロー」を踊りつつの指導。運動部所属の2人はリズム感抜群、すぐに乗ってきてくれました。いつもお年寄りから沢山の笑顔を貰っていますが今日は若々しい笑顔を振りまいてくれました。

桐生園 11月6日

アルカディアメンバーの参加は9人、施設利用者は26人、スタッフの参加は3人、それに草津看護専門学校の実習生2人が参加してくれました。元気なお年寄りが多く、車椅子は使わずに立って踊りに参加した人も3人ほど。立った人との踊りは我々インストラクターも慣れていないので少し戸惑いました。おっとりした人とチャキチャキ型の人が一緒になって愉快な踊りになりました。

菖蒲の郷 11月4日

当施設担当

この施設担当の山元さんが参加できず代わりに今井さんが司会役を勤めました。アルカディア参加は9人、施設利用者は22人、スタッフは3人、5台の車椅子を使いました。高齢のようでも知的な方が多く、手拍子は追いつかなくてもきちんとリズムに合わせて踊ってくれました。スタッフの方々も曲に合わせて独自の踊りで輪を盛り上げてくれました。車椅子ダンス大歓迎のところでは、我々も正確なステップで期待に応えたいものです。

渋川での練習 10月28日

メンバー参加は12人、車椅子6台を使用しました。11、12月の予定曲のうち「いい湯だな」「こんにちわ、赤ちゃん」「一杯の珈琲から」「ジングルベル」が新しくエントリーされた曲なのでリフレッシュ練習。
また10月30日の八幡商業での黒木理事長の講演のあと車椅子レクダンスの実演曲として指定されている「ダンシングヒーロー」「ありがとう」を参加予定のメンバーが主体となって反復練習しました。
なお11月19日(火)に菖蒲の郷のショートステイのグループから初めての訪問を要請されていますので参加できる方、よろしくお願いします。

ケアタウンからさき 10月22日

アルカディアメンバーが6人、以前当施設を担当していて現在休会中のメンバー1人、施設利用者さんは19人、施設スタッフは4人の参加でした。思いもかけず大江さんが来て下さって、インストラクターが7人になり、またお忙しいのに訪問日を憶えていて下さり、ありがたいことです。
4ヶ月ぶりの訪問でしたが、利用者はほぼいつものメンバーでした。前回は生きいきされてたのに少し元気がなくなった方、でもニコッとされた顔には安心しました。また、始まる前から爆睡してらっしゃる方もおられたり、何かぶつぶつ文句?を言ってた方も差し出した手に笑顔で応えてくれて、ホッ!
久方ぶりの訪問でしたが、汗をかきつつ楽しく終えました。
次回はまた、4ヶ月先の2月になります。来年度の日程については、曜日変更は水曜と金曜以外なら良いようです。お互いの都合を聞いて決めたいと思います。(小河愛子)

心 10月9日

アルカディアメンバーの参加は5人、利用者は6人、職員4人でした。ここは小規模な施設なので車椅子は使わずにレクダンスを楽しみました。
10月から施設側窓口が尾曲さんから鶴房さんへ変更になりました。(岩間幸子)
参加メンバー: 今井、岩間、太田、増岡、山元 

渋川での練習 10月7日

7人のメンバーが参加し4台の車椅子を使いました。10月に予定している14曲を踊って休憩し、写真撮影の後、今年の新曲を繰り返し練習しました。「川の流れのように」は交替のタイミングが非常に不規則なのでまだ踊りを把握できていない感じ、他の2曲はまずまずで菖蒲の郷でのデビューも約束どおりできそうです。

2019年 懇親会 9月25日

今年の懇親会は草津の江州で和食のランチ、出席者は11人、会費は2,500円、飲み物代等は部費で補充しました。12時から14時半まで1階のフロアを借り切った状況で、美味しい料理を食べながらの歓談は久しぶりに部員間の親睦を図ることが出来ました。
2次会は青田さん企画のカラオケに7人が参加。ハズイマーケットの先にあるジャパンレンタカーの3階の会場で17時まで各自のレパートリーを披露し、更に親交を深めました。いろいろとご配慮いただいた青田さん、お疲れ様。

第二菖蒲の郷 9月18日

アルカディアからの参加は9人、5台の車椅子使って22人の利用者のお相手をしました。施設スタッフは3人。敬老会のシーズンなのでこの施設でも百寿、白寿、卆寿、米寿、傘寿、喜寿、などそれぞれの年齢のお年寄りが表彰されたようです。ダンスには98歳のお婆さんが元気に参加してくれました。車椅子ダンスを心待ちにしている方もいて車椅子に座ったまま足も活発に動かしていました。

  • 1階ロビーで歓談
  • 1階ロビーで待機
  • 踊りを無事に終えて珈琲の準備
  • 横に広がりすぎた?
  • 喜寿、傘寿、米寿、卆寿、百寿の方々の表彰の場を借りて

レイクホロニー 9月11日

メンバーの参加は8人、施設利用者は30人、スタッフはCD係も兼ねて3人それに華頂専門学校の実習生が4人参加してくれました。お年寄りは男女ほぼ半分づつ、レクダンスに興味がある方ばかりで円滑にダンスを楽しんでくれました。男性はやはり女性のインストラクターと踊りたいらしく、「ああそれなのに」で交替したあと、男性インストラクターが相手になるとがっかりした様子。年を取っても皆さん枯れていません。
準備の出来たお年寄りを前にスタート前の緊張のとき実習生に撮って貰いました

渋川での練習 9月9日

メンバーの参加は12人、6台の車椅子を使って9、10月の訪問曲の練習をしました。訪問先できちんと踊るためには練習によってリフレッシュすることが重要です。休憩の後今年の新曲を練習しましたが、「五輪音頭」、「川の流れのように」のどちらも不規則な部分があって未だ車椅子を使って踊るまでには至らず、といったところです。次回の練習でぜひレベルアップを図りたいと思います。
なお懇親会は次のように行います。
日時: 9月25日(水) 12:00 (事務手続きがありますので11:30に集合)
場所: 江州寿司  草津市青地町478-8  ℡ 077-563-1353 
参加は10人の予定です。

菖蒲の郷 9月7日

私達、ボランティアは7人で菖蒲の郷スタッフさん5人、利用者17人でした。
今回は久し振りにメンバーは女性だけでしたので、女性の利用者さんはガッカリかな・・・・? でも、いつものように元気に楽しく踊って頂きました。車椅子を5台出し3人スタッフの方に助けて頂きました。スタッフの方々、利用者さんも慣れておられて、交代もスムーズにできました。
時間が少し有ったので友達賛歌を追加したらスタッフの方が「新曲なんですね? みんなで手をつなぎながら踊り、とても楽しい曲ですね」と喜んで頂きました。次回、11月は五輪音頭を踊ることを約束した。これからしっかり練習を頑張りましょう。(担当山元)
参加者: 今井、増岡、後長、岩間、小河、岩永、山元 以上7名

小西デイサービス 9月4日

参加メンバーは7人、施設利用者は11人、それにスタッフの方3人が参加して4台の車椅子を使いました。施設の職員と利用者の意思疎通も十分でわれわれの車椅子レクダンスを皆で楽しみました。この日は担当の関野さんの代打で今井さんが活躍してくれました。

渋川での練習 8月26日

9人のメンバーが参加して9、10月に施設で行う予定の曲目を練習しました。久しぶりに参加した中島さんのために基本曲を練習、また9月から新たに使用する曲の「ふるさと」「友達賛歌」「一円玉の旅カラス」などを繰り返し練習しました。


桐生園 8月19日

蒸し暑い日でしたがメンバー9人が参加、施設利用者は30人近く、施設スタッフは4人の参加でした。いつもより多くの利用者さんの参加があり5台の車椅子を使って2曲ずつでの交替、ほぼ全員が踊りました。初めての参加者は両手をつないだりアイコンタクトをすると驚いたりどぎまぎしたりと、新鮮に反応してくれるのでこちらも楽しくなります。またCD係を務めた職員の中村さんは明快な曲目紹介で雰囲気を盛り上げてくださいました。ありがとうございます。
ダンスフロアーに置かれた看板の前で

渋川での練習 8月14日

お盆の週ですがまずまずの8人が参加、4台の車椅子を使いました。新曲の練習を集中的に行いました。まず3曲ともシャドウ練習を2回ずつ、一応ステップが理解できたので車椅子を使っての練習を交替で行いました。実際に車椅子を使った練習は初めてでしたがどうにか格好良く踊れたようです。
参加者: 青田、今井、岩永、岩間、後長、坂間、竹内、増岡

千寿の郷 7月31日

参加メンバーは7人、施設利用者25人、スタッフ3人が参加してくれました。4ヶ月ぶりの訪問でしたが、踊る気満々の馴染みの人や、初めてなのでやや緊張気味の人など。大きな円のままで「四ない、三とる節」「知床旅情」を踊った後、フロアの中央に5台の車椅子を出して、2曲ずつ順番に踊りました。初めての元気そうなおばあさんを誘ったところ、「もっと若い人にやってもらって!」との言葉。思わずこれまでの口癖がでたのか、でも周りは更なる年配者ばかり。「ここでは私が若いらしい」と納得して踊りの輪に。やはりリズム感も良いし動きもぴったりでした。

渋川での練習 7月22日

参加メンバーは8人、4台の車椅子を使用。7月13日の石部老人福祉センターでの講習会で配布された新曲指導書のコピーが全員分出来上がりました。今日はその指導書とDVDを見ながら集中的に新曲を練習、参加者はそれぞれの新曲の特徴を把握しました。やや大型のDVDプレイヤーは役に立っています。
撮影前のリラックスムード自動シャッターに身構えて

虹水苑の夏祭り 7月21日 

堅田病院の介護老人保健施設である虹水苑からの要請でそこの夏祭りに参加しました。アルカディア支部からは9人が参加。訪問先の駐車スペースを考え、6人が草津武道館に集合、後長さんの車に同乗させて頂き約一時間のドライブ。広いロビーが会場で施設利用者は約30人、家族の方を含めると80人ぐらいの人が集まり、屋台もいくつか出店して活気のあるお祭りでした。いつものように7月の予定曲を2曲づつ踊って交替、10曲ほど車椅子レクダンスを踊りました。最後に「ビューティフルサンデー」で利用者さんとジャンケンを楽しんだ後、施設が企画していた正調の「江州音頭」に我々も参加して一緒に夏祭りを盛り上げることができたました。(増岡)

参加メンバー: 青田、今井、岩永、岩間、大田、後長、竹内、増岡、山元

レイクホロニー 7月16日

アルカディアからは8人が参加。施設利用者は30人、スタッフ4人、華頂専門学校からの実習生が4人参加してくれました。かなりの大人数でしたがサポートもしっかり頂いて1時間の踊りを無事終了しました。主に5台の車椅子を中央において2曲ごとに交替しましたが、踊りたくて交替しない人、椅子のまま踊るのは好きだけど車椅子に乗せられるのはごめん、といった元気な人など自由に楽しんでくれたようです。

新曲講習会 7月13日

2019年度、2回目の新曲講習会が石部の老人福祉センターで行われ、アルカディア支部からは8人が参加しました。
今回は指導書も配布されたので次回の渋川での練習日に全員に配布します。
参加者: 今井、岩間、太田、小河、後長、関野、中嶋、山元 

桐生園 7月9日

アルカディアメンバーの参加は8人、施設利用者は13人、スタッフは3人が参加してくれました。ここは訪問歴が長いので顔なじみの利用者も多くいます。以前は元気過ぎてでなかなか素直に踊ってくれなかったおばあさんは大の踊り好きになっています。スタッフも協力的でいつも曲目紹介など楽しくやってくれるので大助かりです。

渋川での練習 7月8日

メンバー参加は10人、5台の車椅子を使って7、8月の予定曲を練習しました。「おもちゃのチャチャチャ」「ヤーレンソーランロック」「ダンシングヒーロー」など動きの速い曲は、暑さに負けず重点的に練習しました。その後疲れた人達が一階の「ホップ」に集まり、アイスクリームなどを食べて疲労回復、もっとも全員参加でした。

菖蒲の郷 7月5日

施設利用者さんは11人アルカデア支部スタッフ9人と菖蒲の郷スタッフさん5人が参加していただきました。全12曲を踊りました。今日は利用者さんが少なく、またスタッフさんが多かったので利用者さんには満足して頂けたと思います。
江州音頭は息もぴったり全員気持ち良く踊れました。利用者さんからは次の車いすダンスを楽しみにしていますとの言葉を頂き、私たちアルカディメンバーも何か充実感のある気持ちいい疲れでした。(山元)

参加メンバー: 今井、青田、岩間、後長、小河、増岡、岩永、相馬、山元 (9名)

小西デイサービス 7月2日

メンバーは9人が参加、施設利用者は16人、スタッフは3人、5台の車椅子を使いました。いつものようにスタッフの方々の活躍で利用者さんも積極参加、我々も負けじと頑張り、一体感のある車椅子レクダンスを楽しみました。車椅子レクダンスのためにテーブル、椅子を片付け大きなスペースを作っていただき、お陰さまでゆったり踊ることが出来ました。

ケアタウンからさき 6月25日

アルカディアメンバーは5人が参加、施設利用者は20人、スタッフは3人でした。参加したお年寄りは眠っている人、手を出しても反応してくれない人、曲に合わせて歌う人、ニコニコと満面で歓迎してくれる人、足や首まで振って踊る人など様々でした。こちらの参加が少なかったので一重の輪で踊りました。3曲終えるごとに小休止を入れましたが、中腰の姿勢が長く続くのでかなりの負担になります。5台程度の車椅子を使ってセンターで踊れるように、8人ぐらいの参加が望ましいところです。
20人の施設利用者を相手に活躍した5人

渋川での練習 6月24日

メンバー12人が参加し、7月に予定している12曲を練習しました。
青田さんが撮影しました

心 6月17日

メンバーの参加は7人、施設利用者は9人、スタッフ5人でした。全員で歌いながら楽しく踊りました。
元気な方が多く、スタッフの方たちも加わって大変盛り上がり、こちらの方が疲れてしまうくらい、とても喜んでいただきました。(岩間、増岡)

参加メンバー: 今井、岩間、大田、後長、関野、相馬、増岡

第二菖蒲の郷 6月14日

アルカディアの参加は8人、施設利用者は21人、スタッフの方は5人でした。利用者に目の不自由な方がおられました。「ミカンの花咲く丘」では、両手を取り花が咲く動作をすると、「分かった、分かった、花やね」と安心して踊ってくれました。臨機応変に対応することが大切だと感じました。(増岡)

参加メンバー: 青田、今井、岩永、小河、後長、関野、増岡、山元

渋川での練習 6月10日

参加メンバーは12人、それに福祉関連の体験実習として松原中学から2年生が2人と引率の先生が2人参加、車椅子6台を使って一緒に車椅子レクダンスを踊りました。「友達賛歌」「故郷」「きよしのズンドコ」などをそれぞれチェア、スタンドを交互に体験してもらいました。

渋川での練習 5月27日

11人のメンバーが参加し、今年の新曲のDVDを全員で視聴。続いて6月の施設訪問で予定している12曲を車椅子5台を使って復習した。新曲については次回以降練習する予定。新曲のCD、DVDは希望者に配布された。

新曲講習会 5月18日

この新曲発表会にはアルカディア支部から8人が参加、次の3つの新曲講習を受講した。
1.東京五輪音頭2020
2.ありがとうの花
3.川の流れのように
配布された新曲のCD、DVDは、コピーをそれぞれ5枚作ってあるので必要に応じて利用できます。

参加メンバー: 青田、今井、岩永、太田、後長、坂間、相馬、増岡

レイクホロニー 5月20日

アルカディアからの参加は8人、施設利用者は30人、スタッフは2人、華頂看護専門学校の実習生が3人参加したので、5台の車椅子を使いました。男性と女性の利用者とが別れて座っていて集団見合いの情景でしたが、お互いに意識しているのかまだまだ元気なお年寄りです。11人の男性は色々と気をまわしてくれて「あのお婆さんはまだ踊ってない」とか、女性インストラクターの「胸が大きい」とか。皆さん踊りも上手でダンスを楽しんでくれました。
「3ない、4とる」スタート前のちょっとした緊張感?それぞれの表情に達成感が。

桐生園 5月16日

メンバー参加は9人、施設利用者は14人、スタッフの方は3人、車椅子は5台でした。この施設はダンスが好きな方が多く、手をつなぐとはしゃぐ方もいるしゆったりと落ち着いた方もいてそれぞれの方法で踊ってくれました。「アイコンタクト」がしっかりしている方が多く従って意思の疎通も十分でした。

渋川での練習 5月15日 中止

不参加者が9人にのぼったので、残念ながら渋川での練習を中止にしました。参加予定のメンバーには申し訳ありませんでした。

小西デイサービス 5月13日

メンバーの参加は9人、施設利用者は17人、2人のスタッフの支援をいただきました。椅子に座って手芸をしていた利用者のお年寄りは、車椅子レクダンスの時間になると全員が車椅子に乗り換えての参加でした。全体で作った大きな輪で「4ナイ3トル」と「知床旅情」を踊り、その後で中央に出た5台の車椅子で5月の曲目を2曲ずつ交替で踊りました。初めて参加したおばあさんは「あ~それなのに」の交替には驚いたり喜んだり。スタッフのリーダーシップもあってこの施設では本当にダンスを楽しんくれました。

菖蒲の郷 5月1日

メンバーの参加は9人、施設利用者は16人、スタッフは4人。お年寄りの大きな輪の中に車椅子5台が用意されており、「さあ始めよう」といった雰囲気。元気な男性が5人張り切っていました。もっとも施設利用者の男性陣は女性と踊るときははしゃいでいるのに男性インストラクターが相手のときはおとなし気でよそよそしい雰囲気も。なかなかレベルの高いコミュニケーションが出来る人達で車椅子レクダンスを楽しんでいました。

ケアタウンからさき 4月23日

アルカディアのメンバー参加は6人とやや少なめ、でも大江さんが参加してくれたので大助かり。施設利用者は15人ほど、スタッフの方は3人でした。今回は珍しく踊りを嫌がる人がいてちょっと残念。でもそのほかのお年寄りは楽しそうに踊ってくれました。またスタッフの方々が積極的で一緒に盛り上げていただきました。ありがとうございます。

渋川での練習 4月22日

メンバーの参加は11人、5台の車椅子を使って5月に施設訪問で踊る曲を練習しました。

第二菖蒲の郷 4月19日

アルカディア参加者は9人、施設利用者さんは約25人、スタッフは3人でした。

参加者: 青田、岩永、岩間、太田、後長、関野、相馬、増岡、村木、

渋川での練習 4月8日

アルカディアの参加8人、見学者1人。4月、5月の曲目を練習。
参加者: 青田、今井、岩永、後長、小林、関野、相馬、竹内

卒業(退会)のご挨拶

アルカディア支部の皆々様へ

皆々様、長い間お世話になりましたが今年度を持ちまして卒業させて頂くことに致しました。
ここ数年は体調不良や諸事情により練習にも思うように参加できなくなり心苦しく思っておりました。支部長はじめ、皆様に励ましていただきながら続けて参りましたが考えた結果持続不可能と決断致しました。
施設の訪問では利用者さんのいろいろな人生を想像しながら笑顔と元気を頂いて嬉しい時間だったと思っております。
今後は、支部ホームページをとおして拝見させて頂く事とし、アルカディア支部のご発展と皆々様のご健康、ご活躍を心よりお祈りしております。
総会に出席の上ご挨拶申し上げたいところですが諸事情により欠席させて頂きました。皆様と過ごさせて頂いた10数年余りに感謝しております。
長い間、本当にありがとうございました。

              平成31年3月24日  大江良子

総会 3月25日

2019年度のアルカディア支部総会を開催。
まず2018年度の活動実績が報告された。
 会員数     : 16人(マイナス1 退会:平山、寺田、饗庭、大江  入会:岩永、竹内、相馬)
 施設訪問    : 11施設 39回 平均参加人数 7.8人/回
 練習      : 福複センター 23回 平均参加人数 11.7人/回
続いて決算は、総収入162,120円、支出134,812円、繰越27,308円 についての説明が行われ承認された。
役員改選については、7年目を迎えている支部長の退任の要望を検討した結果、増岡さんが「十分な引継ぎが済んでから」支部長を引き受けることで了承。従って引継ぎが済み次第正式に就任することになり、そのときまで役員は全員留任する。
討議事項、報告は次の通り
1.日本車椅子レクダンス協会本部の総会が5月18日に長寿社会福祉センターで行われる。地元の支部として支援する。
2.各メンバーは月2回の練習日に、今後の施設訪問予定への参加・不参加を登録する。訪問人数の把握のため。
3.担当している施設について、CDの準備、司会、施設に適当な対応等を考える。

桐生園 3月18日

アルカディアのメンバー9人、施設利用者15人、スタッフ3人が参加、4台の車椅子を使用しました。車椅子レクダンスが初めての利用者さんは素直で前向き、またCDを担当したスタッフの方も積極的で約1時間大いに盛り上げてくれました。

レイクホロニー 3月16日

レイカディアメンバーの参加は6人、施設利用者は25人、スタッフは3人、車椅子は4台でした。担当の増岡さんは花粉症を押しての参加、でも頑張りました。利用者は男女ほぼ同数、どういうわけか男女が完全に別れて座っているのでなんとなく集団見合い。混ざって座るにはまだまだ気恥ずかしさがあるようです。歌詞をしっかり憶えていて大きな声で歌う人やリズムに合わせて身体を動かす人など車椅子レクダンスは良い刺激になっていました。