千寿の郷 7月31日

参加メンバーは7人、施設利用者25人、スタッフ3人が参加してくれました。4ヶ月ぶりの訪問でしたが、踊る気満々の馴染みの人や、初めてなのでやや緊張気味の人など。大きな円のままで「四ない、三とる節」「知床旅情」を踊った後、フロアの中央に5台の車椅子を出して、2曲ずつ順番に踊りました。初めての元気そうなおばあさんを誘ったところ、「もっと若い人にやってもらって!」との言葉。思わずこれまでの口癖がでたのか、でも周りは更なる年配者ばかり。「ここでは私が若いらしい」と納得して踊りの輪に。やはりリズム感も良いし動きもぴったりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です