レイクホロニー 3月16日

レイカディアメンバーの参加は6人、施設利用者は25人、スタッフは3人、車椅子は4台でした。担当の増岡さんは花粉症を押しての参加、でも頑張りました。利用者は男女ほぼ同数、どういうわけか男女が完全に別れて座っているのでなんとなく集団見合い。混ざって座るにはまだまだ気恥ずかしさがあるようです。歌詞をしっかり憶えていて大きな声で歌う人やリズムに合わせて身体を動かす人など車椅子レクダンスは良い刺激になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です